今までの作業内容

いきなり プログでドカのプロジェクトと言って写真載せたって
今までの作業内容が判らないと これから目指すゴールも読者の人には
判らないんじゃないのか? と外野から意見もありましたので
まずは簡単に説明ね。


フレームは アメリカで見つけるのは良くワイドケースでもスクランブラータイプ シートレールが少し上に曲がってて
ショックの付け根も少し前のが殆どなんだけど これは珍しくシートレールもショックの付け根もデスモと同じだったので このフレームだけでも珍しいと思ってその場で買ったんだよ。
ストップランプステー、ケーブルステーをデスモと同じように作って溶接してあります。そうそう センタースタンドのスプリングも右から左に代えるようにステーを旋盤で削って溶接。スクランブラーは右にスプリングが付いてるんだけど
デスモ、シルバーショットガンは左についてるから そうしたんだけど。 なぜそうなってるかは判らないです。誰か知っている人居ないですかね?
画像

エンジンは特にこれといって特別なことはしていません。常識なことだけです。 ベアリング類は当然新品、ブロンズブッシュも採寸してガタのあるのは新規製作して圧入してます。 各シム調整には神経を使ってます。
あ、それとクラッチアームを少し改造?してます。良くクラッチが握れないくらい重くなったりしてるバイクをみるんだけど 前からここを改造すれば少しは良くなるんじゃないかな?と長年思っているところがあったので今回初めてトライ。
画像

 アームの穴が真円じゃないのと その穴に通るシャフトがもう削れてるでしょ? 今回はこのアームの穴を少し大きく削ってブロンズブッシュを圧入、 シャフトはSK材で旋盤加工後 焼き入れてます。そのパーツはもうエンジンに付けちゃってるから画像は無いんだけど ガタも無くとてもいい感じです。

 続きはまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック